Sopron 19. 08. 1989 - 2009

f0100599_2065163.jpg
8月末、ハンガリーのショプロンに日帰りで行ってきました。
ウィーンから列車で50分程度。

ハンガリー領土の中で、このショプロンだけがオーストリアのブルゲンランド州に突き出したようになっていて、ドイツ語もユーロも使えて、物価も安いので、オーストリア人もよく買い出しに行ったりします。

起源は14世紀、王様も住んでいたという(?)歴史の古い街。

列車を降りて、ぶらぶらと10分ほど。
城壁に囲まれた旧市街が現われます。

ショプロンに興味をもったのは、もともとは「汎ヨーロッパ・ピクニック」を
知ったのがきっかけ。

今年は11月9日のベルリンの壁崩壊20周年が話題になりましたが、そのベルリンの壁崩壊のきっかけとなったのは、約3ヶ月前の1989年8月19日、このショプロンで起きた政治集会「汎ヨーロッパ・ピクニック」であると
言われています。

1980年代、民主化への模索をはじめた東欧諸国に対し、依然として締め付けが厳しかった東ドイツ。
そんな中、1989年5月、ハンガリーとオーストリアに国交が成立。
これが東ドイツの住民に、大きな期待を抱かせることになったそうです。

東側であるハンガリーまでは、合法的に国境を越えられる。
ハンガリーまで辿り着けば、何とかオーストリアへ脱出し、そこから西ドイツへ行けるのではないか、と多くの東ドイツ住民が考え、「ハンガリーへピクニックへ行こう」を合言葉に、旅行許可証をもってハンガリーへ向かう人が続々と増え始めた。

そして1989年8月19日、オーストリアに食い込むような立地ゆえ、もっともオーストリアに脱出できる可能性が高いとされたショプロンにて、政治集会が開かれる。

「この集会に参加すれば国境を越えられる」という噂は口コミで広がって、およそ1000人の東ドイツ人が詰めかけたそうです。

実際の規定では、ハンガリーとオーストリアの国境を越えられるのは、ハンガリーのパスポートを持った人のみ。
しかし、集会が始まるやいなや、参加者たちは続々と国境を越えはじめる。

その国境の様子が、ショプロンに残されています。
f0100599_2072860.jpg
実はハンガリーとオーストリアの内務省は、事前に内密に打ち合わせ、予め国境ゲートのひとつを開放、国境警備隊にも事態の黙認と武装禁止を命じていたそうです。

このピクニック成功のニュースは、瞬く間に東ドイツ中へ広がり、一層多くの東ドイツ人がハンガリーやチェコスロヴァキアのオーストリア国境付近へ詰めかける事態へ発展。それに付随して民主化への気運が高まりデモが頻発。
このエネルギーが、結果的に11月のベルリンの壁崩壊へと繋がっていったと言われています。
f0100599_2075724.jpg
f0100599_208132.jpg
オーストリアとハンガリーでは、毎年8月20日は、このピクニック事件を記念する祝日となっていて、オーストリアでもメディアが大きく取り上げる。

私がこの事件について知ったのは、ウィーンへ行ってから。
7カ国に囲まれた「中欧」に位置するオーストリアの特殊さを実感するのは、
ひとつにはこういう部分でもあります。
f0100599_2083128.jpg
これは今年の8月19日の、オーストリアの新聞に取り上げられた、この事件の記事。
当時の国境に立てられた看板の写真です。

「あなたたちは、オーストリアにいる。
 もう危険はありません!
 私たちが助けます!」

ウィーンのカフェでこの新聞を読んで、何だかこの言葉に見入ってしまった。
私なんかが、どれほど想像を巡らしたところで、当事者の人々の気持ちも、その国々の状況も、本当に理解することはできるはずがありません。

けれど、ふとしたときに、そういう歴史や人々の気持ちへ思いを馳せることができるのは、うまく説明はできないけれど、大事なことではないかなと思うのです。

# by imabendrot | 2009-11-11 20:28

St. Anton 3

f0100599_12165159.jpg
ペンションの朝ごはん。

私はこの典型的なオーストリアの朝ごはんが大好き。
これにコーヒーがつきます。

「ゼンメル」と呼ばれる丸パンは、オーストリアでもっともポピュラーで、
誰もが食べる日常的なパンだけれど、本当に本当に美味しいです。

これがオーストリアから一歩出た途端、不思議となかなか出会えない。
日本にいる時にいつも恋しいのは、まずこのゼンメル。
これはオーストリア在住経験のある人は、口を揃えて言っているような。

南ドイツや東欧近辺にも一応同じ「ゼンメル」の名のついたものはあるの
だけれど、なぜか味わいは全然違います。
日本でも、たまにドイツ・パンを謳っているパン屋さんにあったりしますが、
残念ながら、あれも別もの。

なので私はオーストリアにいるときは、まずゼンメルです。
これにエクストラ・ヴルストというスライスしたハムを挟むのが
「オーストリアの庶民の味」なのだそうで、これは病み付きに。

昔、まだ特にオーストリアに興味もなかった頃に読んだ本で、誰かが
「フランスのパンやドイツのパンは有名だけれど、実はオーストリアのパンが、
世界で一番美味しいと思う」
と書いていたのを読んだことがあります。

その理由をいろいろ書いてあったのですが、いま思い返してひとつ納得
するのは、やはり水の美味しさと、素材の良さ。生産行程の丁寧さ。

国中で水道水が安心して飲める、というのはいまやひとつの美徳だと
思うし、わざわざ「ビオ」や「オーガニック」と銘打たなくても、そもそも
オーストリアのものは、当たり前のように自然栽培の理念に基づいています。

ワインをはじめ、ほとんどすべてがそうですね。
他国の商品では、あらためて「ビオ製品」「自然栽培」と謳って
売られているものが多いけれど、オーストリアでは、90%以上の生産者が、
ビオディナミと呼ばれる、シュタイナー理念に基づいた自然農法団体に
加盟していて、もうずっと昔から自然栽培が当然です。

生産量はそれほど多くないので、ほとんどすべて自国で消費され、
日本ではそれほど知名度は高くないですが、プロダクトの質が、
あのオーストリアの豊かな自然と気質に、見事に比例しているんだな、と
しみじみと思います。

もちろん私はフランスのバゲットやクロワッサンも好きだし、スイスでも
パンは美味しかったから、何が美味しいかは個人の好みによると思うのだけれど、
ゼンメルに関しては、たしかにオーストリアが世界一美味しい、と断言したい!

ウィーンで8年過ごして帰国した友人などは、ウィーンに行くたびに、
空港のスーパーでゼンメル「全買い」、オーストリア産の岩塩も「全買い」(笑)

今回は、ザルツカンマーグートも含めて、オーストリアにたくさん旅行したので、
この「オーストリアの朝ごはん」をたくさん食べられて満足でした。
# by imabendrot | 2009-11-07 00:28 | Österreich

St. Anton 2

f0100599_11422361.jpg
「山もいいけど、川沿いの道を歩くのもきれいよ」

というインフォメーションのお姉さんのおすすめに従って、
St. Anton 2日目は、村の裏側にある川の道へ。

村でマウンテンバイクをレンタル。
名前と泊まっているペンションの名前を書くだけで、証明書も見せず、
料金も後払い。時間も適当なので、前日の夕方から一晩借りっ放し。
しかも、鍵もないし。

思わず「いいの?」と聞くと、不思議そうに、
「だって、別に誰も盗まないし、必要ないでしょ」・・・らしい。
基本、田舎のひとは性善説で生きてますよね。

そういえば、宿も決めずに行ってしまった私たちは、着いてから
「Ruhetag(休み)」の札のかかる、営業外だったペンションのドアを
気付かずに叩き、そのまま泊めてもらったのでした(笑)
「別にいいよ〜」という感じで、私たち2人だけのために、バルコニー付きの
部屋を用意してくれたり、ワインを冷やしてくれたり、朝ご飯を作ってくれたり。
・・・ほんと、みんな良い人ばかりです。

さて、川に沿って行くと湖がある、と聞いて、いざ出発。
・・・そして、途中で嬉しい発見!!!
f0100599_11423524.jpg
Jakobsweg - サンティアゴ・デ・コンポステーラに通じるスペイン巡礼路。
ここは何と、カミーノの道だったのですね。
こんなところからも通じているんだなあ・・・と何だか感慨深い。
そして嬉しい。

険しい路になってきたので、途中からはマウンテンバイクを置いて歩くことに。
この道は本当に美しく、川の音が心地良く、まさにカミーノを歩いた時間を
思い出した。

1時間半くらい歩くと、湖に到着。
f0100599_1143719.jpg

この水の透明度。自然の力って、本当にすごいと思う。
f0100599_11553512.jpg

・・・おつかれさまです。
f0100599_1285794.jpg

# by imabendrot | 2009-11-07 00:26 | Österreich

St. Anton

f0100599_1195592.jpg
来ました、チロルのアルプス。

こうなると、もう言葉はいらない。
すごい、きれい、すごーーーい!!!
・・・・という陳腐な表現しかできない自分が、やや悲しい(笑)
f0100599_11105872.jpg
標高2811メートルのヴァルーガ山頂。岩肌が剥き出しになった山の荒々しさ。

足場のほとんどない崖みたいな斜面を、ロープを伝って降りる。
これはかなり怖いのですが、その横を、雪の残った部分をスキーで滑って
降りていく人がいるんだから、唖然。
さすがスキー王国の人々は違いますね。。。
f0100599_11111997.jpg
岩肌がなくなると、そこは「アルプスの少女ハイジ」の世界そのもの。

f0100599_11203690.jpg
やっぱり、オーストリアの田舎は最高。大好きです。
チロル地方の州都、インスブルックだったら住んでもいいかも。
夏は山、冬はスキー。
大学もあってアカデミックでもあるし、ザルツブルクにも近いし、
人も優しくてのーんびり。

思わず本気でそんなことを考えてしまうくらい、素敵なところ。
私は、知れば知るほど、オーストリアを本当に好きになる。
# by imabendrot | 2009-11-07 00:25 | Österreich

Innsbruck - St. Anton

f0100599_10464097.jpg
オーストリアの一番西、チロル地方。
オーストリア・アルプスの雄大な自然が広がるここは、アルペン・スキー発祥の地。

そんなわけで、冬は完全にスキー・リゾート。
夏はハイキング客で賑わいます。

ウィーンから飛行機で約30分強、インスブルックの空港が見えてきたとき、
思わず歓声をあげてしまった。

壮大なアルプスの山々が、間近に迫る。
その美しく切り立った白い峰の凛々しさ、青い空とのコントラストが、爽やかに
澄み切っていて、思わず吸い寄せられる。

そんなアルプス山脈の山間に、ちょこんと小さくたたずむ、インスブルック空港。

世界各国を旅して回る友人が、
「インスブルックの空港が、世界で一番好き」と言っていた意味が、よく分かる。

これほどまでに美しい空港には、滅多に出会えない、と思う。

スロヴェニアのリュブリャナ空港も山に囲まれてきれいだったけれど、
ここまで迫ってくるような迫力と美しさは感じなかった。

しかも、飛行機から到着・搭乗ゲートまで、徒歩。
これだけ小さな飛行場ならではの話だと思うけれど、乗客10数人とクルーが、
共に飛行場をちょこちょこ歩いてゲートに向かう姿に、思わず笑ってしまいます。
おかげで滑走路のど真ん中で、堂々とアルプスに対面できる。
f0100599_1047880.jpg

まるで観光バスみたいに、街の中をぐるりと回る市内バスにのって中央駅に着くと、
そこから列車で1時間半。
オーストリア屈指のスキー・リゾートのひとつ、ザンクト・アントンへ到着です。
(続く)
# by imabendrot | 2009-11-07 00:24 | Österreich

Bred See in Slovenia

f0100599_2239589.jpg
スロヴェニア、ブレッド湖です。

今年の夏は、なぜか期せずして、山と湖に縁がありました。

ザルツカンマーグートの旅行から帰ってきて、母と妹を空港まで送ると、
再びウィーンの日常に。平日は図書館通い。
ウィーン大学の学生3人でシェアしていたアパートは、ウィーン随一の
繁華街、Neubaugasseのど真ん中で、何かと便利。

そして、8月最初の週末は、ずっと行きたかったスロヴェニアに。
オーストリアのすぐ下にあるのに、これまでなかなか行く機会がなかった。

2年前、イースター休暇で行ったボスニア・ヘルツェゴヴィナとクロアチア旅行の
帰り、電車の中で見たスロヴェニアののどかな美しさがずっと心に残っていて、
それ以来、いつかゆっくり訪ねてみたいと思っていた国です。

あのイースター旅行は、いま思えば本当に、渡欧して間もない私にいろいろな
ことを教えてくれた。
旧ユーゴスラヴィアのバルカン諸国への興味は、ウィーンという地の特殊性と、
それがきっかけとなったあの旅行がなかったら、生まれなかったと思う。

スロヴェニアは1991年、旧ユーゴスラヴィアからもっとも早く、しかも
血を流さずに、もっとも平和的に独立した国です。
経済も順調に発展してEUに加盟、そのEUからのオファーで通貨もユーロになった。
バルカン半島諸国のなかでは、もっとも西欧的な発展を成功させた国だと思う。
小さな国、というのもあるのかもしれないけれど、東欧圏の中でも、どこか
のんびりとした風情が漂う。

ウィーンやドイツで知り合ったスロヴェニア人たちは、本当にみんないい人
ばかりで、私は彼らの、素朴でのんびりとした、おおらかな明るさが大好き。

週末に行くなら、せっかくだからのんびりしよう、ということで、
スロヴェニアの誇る景勝地、ブレッド湖へ。

一周6キロの湖の周りを散歩したり、ボートで湖に浮かぶ島に行ったり。
途中でちょっと泳いで、芝生で昼寝。

確かに、美しい。

f0100599_2250642.jpg
・・・けど、どっち、と問われたら、
私はオーストリアにそっと軍配をあげるだろう。
アルプス、そして湖。
あるものは同じなのに、何が違うんだろう。

単に私がオーストリアびいきになってるだけなのかな?と思って
何も言わないでいたら、一緒に行った友人に、先に言われてしまった。

「確かにきれいだけど、オーストリアの湖のほうが、感動的だ」と。

・・・やっぱり。
うまく言えないけれど、このスロヴェニアのブレッド湖は、リゾート、なのです。
そういう意味では、ハンガリーのバラトン湖も、リゾート地だった。
それに対して、オーストリアの自然は、観光地であっても、商業的なところがない。
自然そのままの、荘厳で神秘的な迫力をたたえて迫ってくるのが素晴らしい。

でもスロヴェニアの雰囲気そのものは、人の感じも含め、期待していた通りの
のんびりした明るさがあって、心和みました。
友人はいわゆるアンチ東欧主義なので、いつも私とはケンカになるのだけれど、
「東欧圏で、初めて嫌じゃなかった国」と言っていました(笑)

スロヴェニアは、言葉は違うけど外国へ来たという気は全然しないし、
オーストリアの田舎の一地方都市、という感じがします。
やっぱり歴史的なルーツが近いからでしょうね。

同じドイツ語でも、私はドイツへ行くと、オーストリアと全然違うものを
感じるから、そういうのって不思議だな〜と思う。

夜は湖畔のレストランで、美味しい魚料理と美味しいワイン。
リゾートはリゾートで、華やいで楽しいのも確かです。
優雅な週末でした。
f0100599_22501940.jpg

# by imabendrot | 2009-11-01 21:35

Schafberg

f0100599_2253110.jpg
ザルツカンマーグートへ来たら、やはり絶対にここ!!

どこを切り取っても美しく絵になる景観の中でも、このシャーフベルクの
絶景は一際抜きんでている。

いままで、たくさんの「絶景」と言われる風景を見たと思うけれど、
ここは特別。こっちゃんやあっちゃんと、2年前に初めてここに来たとき、
あまりの壮大な景観に、3人とも感激して涙ぐんでしまった。

そして今回も。
やはりここは素晴らしい、のひと言に尽きる。
それに、たくさんの観光客で賑わう登山列車も、山の頂上も、すべてが楽しい。

オーストリアが素晴らしいのは、どんなに観光開発をしても、それが
商業主義に走らず、素朴でありつづけるところだと思う。
だから観光地に、いかにも「観光地」然とした嫌味がない。
いろんな国を旅してみて思うのですが、これってなかなか難しいようです。

機能的でありながら、周囲の景観と見事に調和して、行き過ぎることがない。
今回、あらためてオーストリアの観光開発技術の卓抜さと、気持ちののどかさに
感心してしまった。

せっかくなので、山頂のホテルのテラスで、お昼ごはん。
湖を眺めながら。
f0100599_2251287.jpg

ふたたびここに戻って来れて幸せでした。
いろんな思い出が増えていくのは、嬉しい。
f0100599_2254537.jpg
f0100599_22434755.jpg

# by imabendrot | 2009-11-01 21:28 | Österreich

Dachstein山塊

ハルシュタットの隣村、オーバートラウンまではバスで10分程度。
そこからクリッペンシュタインの展望台まで登ると、この一帯の最高峰、
ダッハシュタイン山塊を一望できます。
f0100599_21482223.jpg

f0100599_21483992.jpg

f0100599_21485435.jpg

「山が連なる」っていうのは、こういうことを言うのでしょう。
雲ひとつない快晴に恵まれ、文字通りの絶景。
f0100599_215519100.jpg

# by imabendrot | 2009-11-01 21:26 | Österreich

Hallstatt

f0100599_22956100.jpg
ハルシュタット。

「世界一美しい湖畔の村」と言われる場所。

オーストリアのアルプスと湖が連なるザルツカンマーグート一帯のうち、
一番東から内奥に入ったところに、ひっそりとたたずむ世界遺産の村です。

湖をわたる船が、鉄道の駅から村の入り口までをつないでいます。

湖畔にはりついたようなハルシュタットの村に、世界遺産という奢りや気負いは、
どこにもない。ゆったりと静かな、愛らしく小さな村。

今回のペンションは、偶然にも2年前泊まったペンションのお隣でした。
湖に面した美しい場所。

この日は偶然にも「子供祭り」の日で、手作りのイベントが盛りだくさん。
村の人総出で賑わっていました。
消防車のホースが作った虹が、ハルシュタット湖にきれいにかかっています。
f0100599_2292010.jpg

しん、と寝静まる夜の湖。
ペンションのバルコニーで、ワインを片手にゆっくり時の流れを感じ、
幸せでした。
f0100599_2293399.jpg

# by imabendrot | 2009-11-01 21:25 | Österreich

母娘旅行

・・・これも今さらなんだけど。
あっという間に11月に突入で、そろそろ再び研究モードへ入ります。
なので、とりあえず書きたかったことを駆け足で・・・。

夏のハンガリーの話が先になってしまいましたが、基本的に
過ごしたのはもちろんウィーンです。

7月末から8月頭にかけての10日間、母と妹とともにオーストリア旅行が
実現しました。
2007年に私がこっちにいた時は、妹は結局来られなかったので、
彼女にとっては今回が初オーストリア、初ドイツ語圏。

海外に滞在し、その気軽さで、いろいろなところを訪れるようになればなるほど、
私は、母にもこの景色を見せてあげたいと、心から思うようになりました。
もともと、私が子供のころからごく自然にヨーロッパに憧れたのは、母の影響なし
にはありえないものだったと思うから。

昔から、我が家は母の趣味によって、芸術の好みやインテリア、食事、
イベントの数々まで、いつもヨーロッパ風だった。

子供の頃一番好きだったのは、毎年クリスマスの前になると、樅の木を
選びに行くこと。
六本木の大きな花屋さんの屋上に大小様々、ズラリと並んだツリーの中から、
枝ぶりのきれいなもの、大きさのちょうどいいものを選んで家まで運んで
もらうのは、いつでも嬉しかった。
私の一番好きな木が樅の木なのは、その影響なのだろうと思う。

ヨーロッパのクリスマス時期、通りに樅の木が並び、家族連れがそれを一緒に
選んでいる姿をみると、何だか子供のころを思い出して妙に懐かしい。

樅の木にかかわらず、実際に自分が海外で少し暮らしてみて、さまざまな日常の
光景のふとしたことが、子供の頃の家の光景と不思議につながっていると
感じることがよくあります。
ああ、あのルーツが、このヨーロッパだったんだなあ、と。

だから、私にヨーロッパへの興味の土台を作ってくれた母に、
そもそもは母の愛していたヨーロッパの、いろいろな素晴らしい顔を、
もっともっと見せてあげたい。

自分ばかり楽しむのはそろそろ終わりにして、それよりも自分が少し
手伝うことで、身近な大切な人たちがそれを楽しめるのなら、そのほうが
幸せなんじゃないかな、と思う。
この1, 2年で、そういう気持ちが強くなった。

今回、妹に便乗する形で母も一緒に来ることになって、散々考えた結果、
2年前、こっちゃんあっちゃんが来たときの大成功旅行、
「ザルツカンマーグート満喫プラン」にちょこっと味付けした形に。

いろいろ考えたけれど、やはりオーストリアに来たら、一度は
ザルツカンマーグートをじっくり満喫したい。
今回は妹も初めてだし、「王道」で行くことにしました。

オーストリアの誇るアルプスの山々と湖が連なる絶景地帯、ザルツカンマーグート。
確かに王道な観光ルートだけど、オーストリアを愛する所以はここにあり。

文句なしに、大好きな「王道」なのです。
# by imabendrot | 2009-11-01 21:13 | Österreich